記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般論として転職に有利とされている資格

川島義幸 医者と結婚
一般論として、転職に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を証明することができるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認めてもらうことができます。法律をよく知る行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。転職をする際に求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いでしょう。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、その資格を有していないと仕事ができないといった仕事がかなりあるため、狙ってみるといいかもしれません。余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、冷静な判断ができずに、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果、以前よりも年収が低くなることも多いです。そうなってしまったら、なんのために転職したのかわからなくなります。給料にも満足できるような職に就きたいなら、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。